image

お客様の声

日本郵便株式会社

徹底的に質にこだわる制作で、顧客満足度の向上に寄与

日本郵便株式会社

離れて暮らすご家族の代わりに、お近くの郵便局社員がご利用者様に会いに行き、お話しし、健康や生活状況などの様子をご家族へお伝えする「郵便局のみまもり訪問サービス」。訪問時にお渡しする会報誌と、ご家族向け会員サイトの制作などを弊社が担当しています。特に会報誌「あんしんだより」の取り組みを中心に、日本郵便の小川様、土田様、井上様にお話を伺いました。

弊社対応内容
  • 「郵便局のみまもり訪問サービス」ご利用者様にお届けする会報誌「郵便局のあんしんだより」の制作
  • 「郵便局のみまもり訪問サービス」ご利用者様のご家族向けサイト「みまもりのまち」制作
課題
  • サービス立ち上げ期に、顧客満足度を向上させ、サービス継続につなげたい。
効果
  • 読者参加型の会報誌や、会員向けに情報が充実したサイトを作り、顧客満足度の向上に寄与。

 

シニアマーケティングの知見を生かした、コンテンツ制作に期待
日本郵便 小川様
日本郵便 小川様
――あらためて、弊社とお取り組みを始められた背景を教えてください。

日本郵便 小川様:みまもりサービスの前身として検討していたサービスを開始するにあたり、こちらからハルメクさんに連絡しました。サービス中止などもあり、その時はビジネスにつながらなかったものの、その後「みまもりサービス」が始まり、お客様とコミュニケーションをとる冊子制作ができないかと考える段になって、再びハルメクさんのことを思い出しました。
シニア向け雑誌を手掛け、シニアマーケティングに詳しいハルメクさんなら、きっとご利用者様が喜ぶものを制作いただけると期待しました。また、打ち合わせ当初から担当者同士相性がよいなと感じたこともありお願いすることにしました。

 

ご利用者様とご家族、双方に充実した情報を提供する会報誌と会員サイトを制作
日本郵便様「みまもり訪問サービス」の会報誌「あんしんだより」
会報誌「あんしんだより」
――そこで、まずはご利用者様にお渡しする会報誌「郵便局のあんしんだより」を創刊からお手伝いしました。この「あんしんだより」の役割は何でしょうか。

小川様:月1回行う、ご利用者様の訪問時にお渡ししています。頭の体操や健康情報などを楽しんでいただくだけではなく、渡す際に「あんしんだより」の内容に触れることで、ご利用者様と郵便局社員の会話のきっかけにもなっています。

会員向けサイト「みまもりのまち」
会員向けサイト「みまもりのまち」
――さらに、ご家族向け会員サイト「みまもりのまち」を構築しました。ご家族には親御さんのみまもりのご報告をするだけではなく、ご家族にも活用いただけるレシピや終活などの情報コンテンツを更新しています。

小川様:「あんしんだより」もそうなんですが、ご利用者様・ご家族様への情報を充実させて、お客様の満足度や、サービスの継続率を向上させたかったので、同じ時期に連動して作ることができて良かったと思います。

 

読者参加型の「あんしんだより」は、革新的な取り組み。質の高い冊子が作れている
日本郵便 井上様
日本郵便 井上様
――作っていく過程や、初回出来上がった「あんしんだより」について、どうでしたか。

日本郵便 土田様:弊社では「あるサービスのお客様に定期的にお渡しする」制作物は今までにありませんでした。会報誌としてしっかりとした制作物を作るだけではなく、ご利用者様に誌面に登場いただいたり、読者に投稿してもらう企画を入れたり、取材する局の地元スイーツをプレゼントにしたりするなど、革新的なことに取り組んでいる感じです。また、投稿やプレゼントを行うことでお客様の反応をダイレクトに受け取れるのもうれしいですね。

日本郵便 井上様:私は途中から担当になりましたが、初めて「あんしんだより」を見たときは「こんなにしっかりした情報誌があるなんて」とびっくりしました。郵便局でチラシなどはたくさん作っていますが、「あんしんだより」のような厚みのある紙質で、きれいな写真が載っている情報冊子はあまり見たことがなくて。だから、すごく感動したんですよね。

小川様:創刊号が刷り上がったときには挑戦したかった読者参加型企画を実現することができて、なおかつ冊子の質としてとても良いものができたという印象でした。

 

親身に相談にのってくれて良い距離感で仕事できる。徹底的に誌面にこだわる姿勢が◎
――当社に頼んで良かったことや他社との違いはありますか。

小川様:みまもり訪問サービスの一番の理解者、ファンになっていただいていて、僕ら以上にサービスのことを考えてくれていると感じます。

土田様:やっぱり圧倒的にシニアに関するノウハウをお持ちですし、みなさんのお人柄も素晴らしいと思います。「フランクに話せる」といったら失礼かもしれませんが、親身に相談にのってくれて良い距離感で仕事ができるのは、他社にない良さだと思います。

例えば、以前取材が急に当日キャンセルになってしまったことがあったのです。その時も、とても柔軟に、可能な限りこちらの要望を叶える形でうまくご対応いただけてすごく助かりました。

「あんしんだより」表紙の景勝地
「あんしんだより」表紙の景勝地。見せ方や写真の質にこだわり、好評を得ている

また、徹底して内容にこだわることで充実した冊子ができているんだなと思うことが多いです。
表紙にいつも景勝地の写真を掲載していますが、このセレクトもすごく良いんです。検索したら出てくるようなありふれたものじゃなくて、ロケーションも、写真もオリジナリティのあるものをセレクトしてくださっているので、新鮮で良いなと思います。以前撮影に同行したときも、ものすごく寒い中で粘って粘っていい形を追求してくださった。実際に利用者様も、表紙の写真を切ってカレンダーみたいにして毎月楽しみに保存している人がいると聞いています。

インタビュー取材時も、話を引き出す巧さに驚きました。やっぱり最初はすごい緊張して、構えてるご利用者様が多いのですが、緊張をほぐして、良い話を引き出していく技術を見てプロのすごさに感心しましたね。

 

シニア知見から根拠のあるご提案をもらえるので、すごくやりやすい
――コロナ禍によってご利用者様との対面取材ができなくなったときはいかがでしたか。

井上様:はじめは「誌面に物足りなさを感じるのでは」と不安に思いましたが、ご提案いただいた代案を見たら不自然さは全くなくて。ご利用者様が喜ぶ新しいコンテンツや写真で、対面取材ができなくとも充実した構成になり、助かりました。

ありがたいのは、ざっくりしたイメージで希望を伝えると、すぐにきちんとした企画として上げてくださることです。検討しやすいし誌面に反映しやすい。御社のノウハウも入れていただいて、根拠のあるご提案をいただいているので、すごくやりやすいです。

 

大切に読まれている「あんしんだより」
――「あんしんだより」のご利用者様の評判はいかがですか。

土田様:「楽しく読んでます」というお手紙を直接、本社の住所にいただいたことがありました。これまで冊子やパンフレットでお客様からのダイレクトな感謝の声を聞く機会がなかったので、強烈に印象に残っています。手間をかけてお手紙を書いていただいて、それだけ「あんしんだより」を大切に読んでいただいているんだなと、私がうれしくなりました。仕事しててこんなに楽しいと思ったことはないかもしれないですね。

井上様:「こんなに良いサービスがあるんですね」と感心されたり、「毎月、楽しみにしています」「写真がきれいなので額縁に入れて飾っています」などのうれしい声がたくさん寄せられています。

――今は直接取材ができない状況ですが、「誌面に載ると思い出になるから、本当は取材に来て欲しい」という方がいらっしゃるそうですね。「あんしんだより」に愛着を持って読んでくださっている方がたくさんいらっしゃるんだなと制作チームもうれしく思います。

井上様:以前なら取材に行って直接話しができましたが、今は取材も撮影もできない状況です。ハルメクさんには、局員からの細かな意見にも対応していただき、一方的に指示したり、提案されるのではなく、一緒に誌面を作り上げていただいていることに感謝しています。

 


日本郵便株式会社

本社所在地:〒100-8792 東京都千代田区大手町二丁目3番1号

事業内容:郵便業務、銀行窓口業務、保険窓口業務、印紙の売りさばき、地方公共団体からの受託業務、前記以外の銀行業、生命保険業および損害保険業の代理業務、国内・国際物流業、ロジスティクス事業、不動産業、物販業など

日本郵便株式会社「郵便局のみまもりサービス」HPはこちら


 

お問い合わせはこちら

各種ご質問、ご要望に関しましては、
下記よりご連絡ください

お問い合わせ

お急ぎの方はお電話でのお問い合わせ
 03-3261-1363

ご相談はこちら資料ダウンロード